鳥取西部〜島根東部を楽しむWebマガジン「旅色ノ軌跡」
I will write down "good points" and "good colors" of San`in Mannaka. San`in Mannaka Tourism Bureau presents [TABIIRO NO KISEKI]
山陰まんなかのときめき記す 旅色の軌跡
山陰まんなかのときめき記す 旅色の軌跡
izumo_ne_san
2022.05.26
location_on島根県,母衣町

母娘で守る思い出の味「 古曽志そば 」

地元に愛され復活した名店

松江城やカラコロ工房からほど近い松江市母衣町にある『 古曽志そば 』
創業は昭和43年ですが一度は閉店、その後16年間の休業を経て2013年に復活しました。

カラコロ工房から山陰合同銀行ATMを過ぎてすぐ左、車1台分ほどの細さの路地を入っていくと可愛らしい暖簾のかかったお店があります♪

現在は娘さんとお孫さんの女性2人で営んでいるこちらのお店は、1日30食限定、売り切れ仕舞いなので「絶対食べたい!」という方は開店時間に合わせて行かれるか、電話で残数を確認されるといいですよ♪

こだわって復活させた思い出のそば

毎日手打ちされる蕎麦は雲南市大東産のそば粉を使った二八蕎麦。
お店を復活させる際には、代々受け継いだ作り方や量も変えず、材料も以前と同じところから取り寄せたいと思ったそうですが、16年間のブランクで取引先だった農家さんも引退していたりと、再開まではご苦労もあったようです。
ですが、今も地元の方が足しげく通っているのは以前の味がちゃんと受け継がれている証です。

店内は落ち着いた雰囲気で小上がりとテーブル席がありますが、4人掛けのテーブル席は1席だけであとは1~2人用の席となります。
ファミリー層よりは会社員やご夫婦、女性2人組など地元の方が多くみられますが、再開時にはドキュメンタリー番組で紹介されたこともあり、全国からファンの方が足を運ばれています。

個人的にはこのランプシェードが好きで、来店するたびに見ては「欲しいなぁ」と思ってます。

古曽志そばを楽しむなら割子そば「 ふるさと 」♪

出雲そばといえば割子そばは有名ですが、古曽志そばには
一風変わった割子そば「ふるさと」があります。

「 ふるさと 」は山かけ・月見・山菜と楽しめます。
角のない舌触りのそばと絶妙な味加減のつゆは何処か懐かしさを感じます。
出雲そばでも〝そばつゆ〟というと「甘辛い」つゆが多いですが、こちらはそのままでも飲めるような優しい味わいです。

もっと楽しみたい人はセットがおすすめ♪

そばセット (そば+日替わりご飯+小鉢)

鮭めしや鳥丼も気になるところ…

この日一人で訪れていた会社員風の男性は、割子をおかわりして、岩のりおにぎりも追加してました♪
次行ったら岩のりおにぎり頼んでみよう!

自家製の一味をかけるのもおすすめ!

古曽志そばには自家製の一味があって、唐辛子の風味と爽やかで柔らかい辛みがそばの味を引き立てます。
割子は一枚からお替りができるので、一味そばにして食べるのもお勧め♪

そばの風味を壊さない優しい味わいの一味です。


食後のそば湯も楽しみ♪

食後にいただくトロッとした「 そば湯 」は蕎麦の風味がそのまま味わえる贅沢な一杯♪
そのままでも美味しいですが、そばつゆを入れても美味しい♡

今は平日にしか食べられない地元松江の隠れた名店。
内緒にしたいけど食べてほしい!
ぜひ足を運んでいただきたいお店です。

古曽志そば
島根県松江市母衣町5
11:30~売り切れ次第
土日・祝日
0852-22-1435
あり(2台)
※データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。
※臨時休業や営業時間の変更の可能性がありますので、お出かけの際は、最新情報はお店の公式HPや公式SNS、直接店舗にお電話ご確認ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、施設へお出かけの際は、鳥取県・島根県や各自治体が発表する最新情報、要請などをご確認のうえ、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策(新しい旅のエチケット)を徹底していただくようお願いします。
圏域の観光情報はコチラ
izumo_ne_san
izumo_ne_san
島根県在住/日本酒スペシャリスト・スイーツコンシェルジュ 20代でUターンし地酒の魅力にどっぷり浸かる。 古き良き田舎暮らしを満喫しながら、現在海辺の古民家をDIY中♪
izumo_ne_san
izumo_ne_san
島根県在住/日本酒スペシャリスト・スイーツコンシェルジュ 20代でUターンし地酒の魅力にどっぷり浸かる。 古き良き田舎暮らしを満喫しながら、現在海辺の古民家をDIY中♪