鳥取西部〜島根東部を楽しむWebマガジン「旅色ノ軌跡」
I will write down "good points" and "good colors" of San`in Mannaka. San`in Mannaka Tourism Bureau presents [TABIIRO NO KISEKI]
山陰まんなかのときめき記す 旅色の軌跡
山陰まんなかのときめき記す 旅色の軌跡

秘境の名瀑「鷹入の滝」ハイキング

自然とふれあい日々の疲れやストレスから解放されたい、親子で無理なくハイキングできるお手軽なスポットを探している。そんな時におすすめするのが、安来市伯太町にある「鷹入の滝」です。

平成の名水百選に選ばれるなど、豊かな自然に囲まれた町ならではのヒーリングスポットで、森林の緑と透き通る清流は身も心もリフレッシュさせてくれる。

登り下り合計で40分~1時間程度の気軽なハイキングコース。

深緑、土や木の香り、流れる水の音が心の奥まで癒しを浸透させる。

歩道整備や手すりの設置、表示看板の掲示もありとても歩きやすいコースとなっている。

道中の植物には解説付きの表示板が設置されている。

木の間から差し込む日差しにより印象的な光景が広がる。

道なりにしばらく行くと、鷹入の滝が見えてきた。

三段あるうちの三段目と二段目の滝、近くには東屋があり休憩できるようになっている。

本滝に到着、神秘的な雰囲気は正に秘境の名瀑の趣。

近くには伝説の女神を奉ずる祠があり、冷たく凛とした空気と相まって神秘的な雰囲気に包まれている。

iPhoneで滝を印象的に撮影してみよう。

  1. カメラアプリを立ち上げ、上部の◎マークをタップしてLIVEモードをオンにする。
  2. 脇をしっかり締め、出来るだけ固定して撮影する。
  3. 左下のサムネイル(今撮影した写真の縮小版)をタップする。
  4. 左上のLIVEをタップし長時間露光を選択する。

※iPhoneのバージョンによっては表示が異なる場合があります。

iPhoneでこうも綺麗に撮れると、カメラの存在意義が無くなる…。

運が良ければムササビに出会えるかも。

前回行った時に出会えたムササビ。ちょっと不気味だがかわいい。

道中で分かれ道となっており、別の滝へ行くこともできる。

鷹入の滝へは男滝の方に進む。ちなみにムササビには女滝の方へ行ったら会えた。

地元自治体の方により、歩道やトイレ等の施設が維持されている。

歩道はしっかり整備されとても歩きやすく、気持ちよくハイキングが出来た。

注意事項、その他

  • 道中に危険な箇所はあまりないが、歩きやすく安全を考えた服装で行くこと。
  • スマホや携帯電話の電波が入りにくい場合がある。
  • 駐車場、トイレ、歩道、看板等の施設は地元の方々の管理によって維持されているので、綺麗に使おう。
  • 毎年8月には「鷹入の滝祭り」が開催されます。ただし今年の開催については現段階では未定(2022年5月5日現在)。
鷹入の滝
島根県安来市伯太町上小竹
あり(10台程度)
※データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。
※臨時休業や営業時間の変更の可能性がありますので、お出かけの際は、最新情報はお店の公式HPや公式SNS、直接店舗にお電話ご確認ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、施設へお出かけの際は、鳥取県・島根県や各自治体が発表する最新情報、要請などをご確認のうえ、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策(新しい旅のエチケット)を徹底していただくようお願いします。
圏域の観光情報はコチラ
y.takayuki0607
y.takayuki0607
星空や夜景撮影が好きで夜を中心に活動しております。 まだ知られていない山陰の魅力を発信していこうと思います。 よろしくお願いいたします。
y.takayuki0607
y.takayuki0607
星空や夜景撮影が好きで夜を中心に活動しております。 まだ知られていない山陰の魅力を発信していこうと思います。 よろしくお願いいたします。