鳥取西部〜島根東部を楽しむWebマガジン「旅色ノ軌跡」
I will write down "good points" and "good colors" of San`in Mannaka. San`in Mannaka Tourism Bureau presents [TABIIRO NO KISEKI]
山陰まんなかのときめき記す 旅色の軌跡
山陰まんなかのときめき記す 旅色の軌跡

参道を線路が横切る「日吉神社」

鳥取県のパワースポットである大山を背景に日本海をも望む米子市淀江町。
「水と緑と史跡のまち」とされ、名水百選に指定された湧水や、遺跡、文化財がたくさんあり自然豊かな町です。
その淀江町に参道の途中に線路が横切っているという珍しい神社があるのをご存知ですか?

その神社は日吉神社と呼ばれ、淀江支所や淀江文化センター近く、9号線から大山に向かって一本入った道沿いにあります。
毎年5月3日にはもっといい世の中でありますようにとの意味で「よいとまかせ」と呼ばれる370年以上の伝統を持つ神幸神事が行われています。私も見たことがありますが、衣装を着て何百人もの方々が行列になって掛け声や太鼓を叩いて歩いていてそれはすごく印象的な光景でした。

神社の中も空気が澄んでいてエネルギーを感じるような神秘的な神社です。


列車が通れば参道の中で目の前をど迫力で通過する列車を見ることが出来ます。

大きな駐車場に駐めて道路を気をつけて渡っていきます。

鳥居をくぐり参道を少し歩くと踏切。

丁度良く列車が通ってくれました。時刻は8時13分。

右よし、左よし、とすすんだら随神門、

この辺りから一気に空気が変わります!

大木や苔が広がり神秘的な空間です。

神の使いである猿の像が並んで出迎えてくれています。

階段を上がろうと思った瞬間「カンカンカンカン」

後ろを振り向いてカメラを構えます。時刻は8時22分頃。

境内入り口。

本殿も立派です。

本殿を向かいに右には境内社があります。

探索しているとまた「カンカンカンカン」、音を聞くとついカメラを構えてしまいます(^^;

時刻は8時33分頃。

そして参拝し終え車に乗ろうとするとまたまた踏切の音が、、、時刻は8時50分頃。

なかなか帰り難くなる神社でした(笑)

結局40分の間に4本の列車を見ることが出来ました!


日吉神社の春には桜も咲きこれもまた綺麗なのでおすすめです。

夜にはライトアップもされています。

どの季節に行ってもそれぞれの季節を感じられる自然豊かな神社、ここに来る度に癒されパワーをもらえます。さらに列車も見れて子どもたち大喜び、私も大興奮です!

みなさんも珍しい光景を見に足を運んでみてはいかがでしょう(^^)

日吉神社
鳥取県米子市淀江町西原767
0859-56-2152
あり
※データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。
※臨時休業や営業時間の変更の可能性がありますので、お出かけの際は、最新情報はお店の公式HPや公式SNS、直接店舗にお電話ご確認ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、施設へお出かけの際は、鳥取県・島根県や各自治体が発表する最新情報、要請などをご確認のうえ、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策(新しい旅のエチケット)を徹底していただくようお願いします。
圏域の観光情報はコチラ
erii_s1212
erii_s1212
地元大好きです。 子どもと一緒に山陰を巡っています。 山陰の魅力をもっとみなさんに知ってもらいたいです。
erii_s1212
erii_s1212
地元大好きです。 子どもと一緒に山陰を巡っています。 山陰の魅力をもっとみなさんに知ってもらいたいです。