鳥取西部〜島根東部を楽しむWebマガジン「旅色ノ軌跡」
I will write down "good points" and "good colors" of San`in Mannaka. San`in Mannaka Tourism Bureau presents [TABIIRO NO KISEKI]
山陰まんなかのときめき記す 旅色の軌跡
山陰まんなかのときめき記す 旅色の軌跡

大山を眺望できる創建1200年の古刹「華蔵寺」

島根県松江市の枕木山にある「華蔵寺」をご存じでしょうか?
山中深くに在り、創建より約1200年という長い年月の中で、戦国時代の兵火により一度は焼失、その後復興され今に残っているというとても歴史のある禅寺です。
また、山陰随一の絶景を観ることができる展望台もあり、老若男女問わず楽しむことができるスポットとなっておりますのでご紹介させていただきます。

ハイキング感覚で参道を行く

参道入り口 地蔵堂


参道入口は道路からもよく見えるため見逃すことはありません。ここから約500mを進みます。

仁王門


最初の階段を登ると仁王門が見えてくる。あまり人の手が入っていない木々が歴史の古さを演出している。

不動明王像


仁王門を越えてすぐ、石造りの不動明王像が鎮座している。苔むしていてかなりミステリアスな雰囲気。
慶応の時代(1865年ごろ)に、鎮護国家を祈念して建てられたものとのこと。

石垣と階段


しばらく進むと石垣と階段が見えてきた。そよ風に揺れる緑のもみじと木漏れ日が爽やかでした。

薬師堂
薬師堂の装飾、天女だろうか?


階段を登りきると薬師堂の建物が見えてくる。堂内には国の重要文化財である木造薬師如来坐像が安置されているとのこと。

石畳の道の先に鐘樓門、本堂が見える。
鐘樓門
本堂


数々の建物はどれも古く、数百年前から変わらない姿で残っている。
どの建物も長い歴史を感じることができるが、同時に経年による老朽化が深刻な問題のようで、修繕や補修のための寄付も集めている。

綺麗なもみじ

石畳ともみじ


石畳の道をもみじのアーチをくぐりながら歩けてとても気持ちが良い。紅葉の季節にもぜひ来てみたい。

絶景の展望台

華蔵寺に行くならここを目的に行く人も多いと思いますが、中海、大根島、弓ヶ浜などを一気に眺望でき、視界のクリアな日には大山も観ることが出来ます。
夕日に染まる大山、夜景、雲海など季節や時間帯によっていろいろな景色を観ることができます。

東屋の先には絶景が広がる。
別日に撮影、大山まで眺望できる。


今回は松江市枕木山にある古刹、龍翔山華蔵寺をご紹介いたしました。
デートでもご家族でもお一人様でも満足のいくスポットだと思いますのでぜひ行ってみてください。

また、華蔵寺では精進料理を食べたり抹茶を飲むこともできるようです。こちらに関しましては要予約となっておりますので、華蔵寺ホームページ等をご確認ください。

華蔵寺
島根県松江市枕木町205
0852-34-1241
http://www.kezoji.com/
あり(10台程度)
※データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。
※臨時休業や営業時間の変更の可能性がありますので、お出かけの際は、最新情報はお店の公式HPや公式SNS、直接店舗にお電話ご確認ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、施設へお出かけの際は、鳥取県・島根県や各自治体が発表する最新情報、要請などをご確認のうえ、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策(新しい旅のエチケット)を徹底していただくようお願いします。
圏域の観光情報はコチラ
y.takayuki0607
y.takayuki0607
星空や夜景撮影が好きで夜を中心に活動しております。 まだ知られていない山陰の魅力を発信していこうと思います。 よろしくお願いいたします。
y.takayuki0607
y.takayuki0607
星空や夜景撮影が好きで夜を中心に活動しております。 まだ知られていない山陰の魅力を発信していこうと思います。 よろしくお願いいたします。